EMクリーニング

EMってなぁに?

EMとは、Effective Microorganismsの略で有用微生物郡と訳されています。
EMは、沖縄の琉球大学農学部の比嘉照夫教授によって開発され、
人間にとって良い働きをする微生物(乳酸菌・酵母菌・光合成細菌・放線菌・糸状菌)を集合させた液状態のものです
。乳酸菌・酵母菌など人間にとって良い働きをする微生物を『善玉菌』と言いますが、
色々な性格の善玉菌を組み合わせることで、大きな成果をもたらすことを比嘉教授が発見したのです☆

EMにはこんな力があります

  • ●土がいきいきし、農薬や化学肥料を使わなくても作物が豊かに実るようになります。
  • ●界面活性剤を大幅に減らすことが出来ます。
  • ●抗酸化力が強いので、病気になったり、物が腐ったりするのを防ぐ
  • ●抗酸化力の力で+-の電気が起きないので、静電気も起きません
  • ●大気中の湿気の調節してくれるので雨でもサラッとしていますカビ・衣類の変色を防いでくれます
  • ●タバコ・ペット臭・体臭を消臭します
  • ●悪玉菌のみ殺す抗菌作用があります

いい事だらけのEM菌♪それゆえに、初めはホントに大丈夫なのかな?って、疑ってしまったり、
信じられなかったりというのが普通かもしれません。菌だからといって悪いものだと考えないで。
お味噌やパンなど私たちの生活に『菌と共存』は必要なことです。EM菌は飲める栄養!
むしろ飲んだ方が良いのです(飲料用)!それほど安全・安心なもので、私たちはクリーニングをしています。

EMクリーニングとは(基本原則)

1.

EM菌は、溶剤・水・衣服・空気中には、善玉菌も悪玉菌も存在します。
その中の悪玉菌のみの繁殖を抑え、どっちつかずの微生物(ひよりみ菌)を善玉菌へと変え、衣類のいい状態に変えます。
EM菌はいい状態にあるものは、いい状態を保とうとします。
EM菌が作り出す抗酸化物質は、生地を傷めず、・変色も抑える。クリーニングにとって抗酸化物質は、生地を蘇生するのに効果的なのです。
抗酸化物質が持つ、抗酸化力(腐らないようにする力・酸化しものを元に戻す力)をクリーニングにプラスすることによって、一段と風合いや洗浄力を上げる。

2.

溶剤中の汚れは、EM菌のエサとなり、溶剤の中でも、EM菌は抗酸化物質や酸素を生成したり、加工剤(リンス剤)として働き、洗浄力をアップさせる。
その過程で、炭酸ガスやアンモニア等が消費され、酸素や天然オゾンが発生する。
ソフターやシリコンなどの加工剤(科学物質)を使わなくても、100%天然成分のEMの抗酸化力の力で、心地よい風合い(さらさら・ツルツル感)を実感できます。皮・毛皮も脱色せず洗えるようになります。
ドライクリーニングで水洗い(W洗い)をしたような、汚れ落ちです。

 

3.

EM菌を使用することで、溶剤・水の抗酸化レベルが上がると、全ての物質が電気を失いノニオン化する。
したがって、電気的に付着している逆汚染物質がはずれ、静電気も起きない。(衣服の冴えがよくなる)

 

詳しくはこちら